| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | OT |
空、星、海の夜


「いざ、ゆかん!」



男子に二言は無い



「目の前には暗闇が広がる森林。まるで伯爵家を追放されたボクの立場のようだ!
 闇雲に進めば怪我をするかもしれない、だけど退くことは許されない!」



自由とはつまりそういう事だ。
深夜の森を手探りで進むようなもの。



「しかし空を見上げれば星々の大海。これまたボクの将来のようだ!
 それは確かに燦然と輝いている。そう、ボクの書いた脚本達のように!」



自由とはつまりそういう事だ。
自らを輝かせて空を飛ぶようなもの。



「しかし後悔が無いわけではない。これは今日のボクに言ってやりたい!
 伯爵家嫡子でいる間に、なぜそれをやっておかなかったのか!」



自由とはつまりそういう事だ。
自分の手の届く範囲でしか泳げないという事。



「・・・父上の後ろ側にあったテーブルのジャンバラヤ、食べたかったなぁ・・」



お腹、空いたなぁ。
勢いで家を飛び出しては来たものの・・・
セスに頼んで、お弁当に詰めてもらえばよかった。




「ま、出てきちゃったものは仕方がない」



とりあえず、どうしようかな?
お腹も空いたし、ユージィンの家にでも行こうかな。
でもアレコレ聞かれるのも面倒くさいしなぁ・・・
でもお腹は空いてるしなぁ・・・



「・・・お。コレもいいな。
 ジャンバラヤを鎧のように着こんだ主人公が、お腹を空かせた子供たちに
 自分のジャンバラヤを分け与えていく!」



そう、その米粒が減っていく毎に彼の力は弱っていくというのに・・・
というかジャンバラヤが辛すぎてそもそも子供たちは食べられない!
激辛か!?それとも空腹か!?究極の二択が子供たちの身に迫る・・・!



「題して・・・『それいけ!ジャンバンマン!!』
 written by・・・ラファエル・エドモンド・ノースブルック・・・!
 ・・・・あ」



そっか。



そうなんだな。



「・・・よいしょっと」



手ごろな倒木を見つけて腰掛ける。
空を見上げれば満天の星。
けれど月は心なしか霞んで見える。




「もう・・・ノースブルックって名乗っちゃ・・・マズイんだよな」



頬を撫でるように、風が一吹き。
そのやわらかな手に反応するように辺りの木々はざわめいた。



「・・・まいったなぁ」



ポケットから羽根ペンを取り出す。
その羽根先を月にかざしてみた。
今のボクにはこれだけしかないんだという事しかわからなかった。



「・・・じゃあ」



困った。
『ノースブルック』の名を棄てるというのはこういう事なのだ。
『ラファエル・エドモンド・ノースブルック』と名乗れない。
それはつまり───



「どうやって、父上にボクの作品を知ってもらったらいいんだ?」



んん〜、困ったぞ。
幸いボクの作品の幾つかは実家にある。



それがあればマライアは笑うだろう!
ロレッタも笑うだろう!
母上は笑ってくれた!



「・・・でもあの様子じゃあ、父上は見てくれないよなぁ〜・・・」



これからもボクは数々の名作を世に送りすだろう!
そしてその名作たちは後世に語り継がれ、悠久に人々に愛され続けるに
違いない!
それは脚本家としては本懐というものなのだけれど・・・



「・・・けれど、父上の笑顔を見るには、後世じゃあダメなんだよなぁ・・・」



参ったなぁ。
生きている間にしか存在できない名作、というのがあるとは思わなかった。



「んん〜・・・」



空に向かって伸びてみる。
身体は軽くなったけど、星には手が届かなかった。



「あの星達ぐらい、どこにいても見えるものだったらいいんだけどなぁ・・・」



中でも一際輝く星が幾つかある。
あれぐらいだったらいい。
あれぐらいわかりやすければいい。



「船乗り達は星を見れば、どこにいても自分の場所がわかるそうだけど・・・
 彼らの様に分かる人にだけ分かる様な知識があれば・・・あ」



反動をつけて跳び上がる。
着地は見事に成功。
暗闇がのしかかる森の中で、一人気を吐いた。



「よし!」



暗闇に向かって歩を進める。
森を抜けるまであとどれくらいだろうか?
紙を手に入れるまであとどれくらいだろうか?



「書くぞ書くぞー!!」



大気を切り裂くようにペンを振り回す。
言葉が脳から溢れそうなのに、書けない今がもどかしい。



「・・・それにしても」



想像すると思わず吹き出してしまう。
それは何度となく、子供のころから何度となく思った事なんだけれど。



「あの四六時中難しい顔の父上には似合わないよなぁ〜」



同じ夢を追いかけた息子の自由に───
同じ夢を追いかけられた父親の不運に───


新しい門出に新作発表といこう!
タイトルは───



「『それいけ!ジャンバンマン!!』
 written by・・・ラファエル・エドモンド・ブラントローズ!」
 
19:00 長男 ラファエル comments(0)
give his word


誰も居なくなったサロンで、

錆色の表紙をそっと撫でる…。



  Homer Snooked Bruntlords

  ホーマー スヌークド ブラントローズ



アナグラムに隠された名前…。



…お父様……。




お母様が好きだったお兄様の脚本…。



ご公務で忙しくて、家を留守にすることが多かったお父様。


そんなお父様を、お母様はとても寂しそうな横顔で、

とても愛おしそうに話していた。


…お兄様がお母様に脚本を披露するようになってから、

お母様はとても楽しそうだった。


私の下手な朗読を、目を輝かせながら聴いていた。




亡くなる直前のお母様の言葉。


お兄様は『約束』だと言ったけれど…。




お母様の希望……



お兄様の夢……





お父様の……







ふと、あの時の言葉が過る。




『君は、いったい何に興味を持っているんだい?』




私は…

 
19:00 次女 ロレッタ comments(0)
nostalgic memory


『よしマライア!今回の役は女盗賊だ!』

『えー、また変なお話なの?』

『なっ、そ、そんな事ないぞ!』

『嘘!お兄様のお話はいつも変!』




……そうだわ。


病気のお母さまがまだ生きていらした頃、


お兄様はお母様を喜ばせようと、


一生懸命脚本を書いては、

私とロレッタを駆り出してはお母様に披露していたんだわ…。



そんな私たちを、笑顔で抱き締めて下さったお母様……。



懐かしい…。





―亡くなる直前、お母様はお兄様に言ったわ



―これからも貴方の作品で、皆を…



―そしてお父様を笑顔にしてちょうだい…って





お母様とお兄様の約束…だったのね……


お兄様が脚本を書き続けているのは……




でも…


この館であんなパーティーをするなんて…

お兄様ったら…


自由人でも、やって良い事といけない事があるわ



テーブルの上は空き瓶とグラス、綺麗に平らげられたお皿たち…


ホールにも未だ漂うお酒の匂い……



最後の最後まで賑やかで……

まるで春の嵐の様……



本当…、お兄様らしい……

 
19:00 長女 マライア comments(0)
受け継がれしもの





フム・・・確か・・・


この、辺りに・・・・・・



あぁ、・・・・・・あった。




フゥーッ・・・



フフッ・・・やれやれ、流石に埃まみれだ。





コーデリア・・・

君がお気に入りだったシャトー・ラトゥール

久しぶりに開けさせてもらうよ。






マルーンレッドの雫がデカンタの縁を滑らかに這い、

深い眠りから目覚めた馨しいブーケがゆらりと立ちのぼる。



地下のワインセラーの奥深くに蔵っておいた、

四半世紀前のヴィンテージ。





運良くというか、ラファエルには見つからずに残っていたよ。

私が今のラファエルの歳の頃か。



よく二人で飲んでいたっけ・・・







・・・あの頃の私は親が敷いたレールに乗ることが嫌で、

自分の道は自分で切り拓きたいと考えていた。



厳しかった父に対しての反発や、薄っぺらな意地を張ってもいて、

家の名前で評価されたくないとアナグラムでペンネームを名乗った。






ホーマー・スヌークド・ブラントローズ・・・





新作を書き上げたときは一番に君に見せたね。

目を輝かせて待っている君に最初に読んで欲しくて・・・




君の笑顔が見たくて何日も寝ずに書き続けた。


・・・でも、なかなか君以外の人には評価してもらえず、

ようやく出版にこぎつけた作品も、全く売れなかった・・・



それでも君は落ち込む僕を慰め、根気強く応援してくれた。






やがて、私が夢をあきらめてペンを折ったとき、

君は寂しそうに涙を見せたね。



私は家のため、君のためにと、自分に言い聞かせて、

心の隅に萎んだ夢を押し込め、鍵をかけた。






・・・後悔はしていないさ。


ただ、違う生き方もあって、

どちらを選んでも振り返ったときに

幸せになれればいいんだって・・・今はそう思う。





約束・・・か・・・





あいつが・・・ラファエルが・・・

私の叶えられなかった夢を引き継ぐそうだ。





もはや、爵位を継がせる事はできなくなってしまったが、

かつての私と君が夢見ていた未来を

ラファエルに託す事ができるなんて・・・ね。





君はあの頃のように眼を輝かせて、

作品が書き上がるのを待っていてくれるのだろうか。




コーデリア・・・君は喜んでくれるかい?


 
19:00 伯爵 ラッセル comments(0)
after the fact


いやぁー、楽しかったなぁ♪


ディオとレアはあいっかわらずベタベタしているし、
ベルは今回も期待通りの奇抜な衣装だったし
ザックはぜんぜんうまくなってないし、
ジェラはトランプばっか弄ってるし。

うん、いい被写体だった!

今回一緒に飲んだ仲間たちも
揃いも揃って個性的だったなぁ〜…

描いていて楽しかった。

僕のキャンバスも大分色がついたね。


まぁ一番驚いたのは
ラファエルのご兄弟かな。

聞いてないよ、あんなかわいい妹たちがいるなんて!!
是非、僕のアートのお手伝いをお願いしたかったなぁ…

まぁ、そんなことしたら
あの厳つい当主殿に怒られてしまうだろうけど。

初めて見たな…
ラファエルとはあんまり似てないかも。

被写体にするには厳つすぎるな〜…却下!


何か、僕の知っているラファエルって
いつも下らない物語を空想していて、
ふわふわっとしたやつだと思ってたけど。

あいつの、あんな一面を見て
改めて、ノースブルック伯爵家ってすごいとこなんだなぁって思ったね。

その日暮らしの勝手気儘な生活しかしらない僕だから、
家督だなんだって全然わからないけど。

ラファエル…とんでもないことしちゃったんじゃないか?


…〜ふう。仕方ないな。

僕が困っていたとき、彼がしてくれたように、
彼が困っていたら、僕が手を差し伸べよう。

…飯の一つくらいご馳走してやるか!


さぁさぁ、これから僕も忙しいぞ!
この間のパーティーの様子をキャンバス一杯に再現するんだ!

ふふ、展示会に来る人の反応が楽しみだ♪
 
19:00 アーティスト ミケ comments(0)
1/6PAGES >>